クレジットカード現金化で詐欺に遭わないために

クレジットカード現金化業者による詐欺についてご説明していきます。

基本的には、現金化で詐欺行為は難しいと思います。

​カード決済をしてすぐに業者へ現金が入るわけではないので、その現金がカード会社から業者へ支払われるまでの間にトラブルを起こしてしまえば、もちろん業者への支払いは停止されます。

そうなると自ずと、カード決済だけをして、現金を振り込まないという行為をしても現金化業者は何も得することができないという事になります。

ですが、その中でも悪質な現金化の業者は実際に存在しています。

最初に話した金額と振り込まれる金額が大きく違うなどの、悪質な行為は実際に実例があります。

そういった業者を見分けるのは非常に困難ですが、方法はあるかと思います。

例えば、電話対応の丁寧さやきちんと書面やメールなどで金額を明記してくれる業者などは比較的安心できるかと思います。

金額や購入商品などが記載されている、契約書のようなものを出してくれる業者も実際にありますので、そういったところはまず安全だと思います。

​クレジットカード現金化で詐欺というのは非常にまれではありますが、現代にもまだ少なからずあるようですので、ご利用の際はお気を付けください。

審査に関連するコメントをご投稿ください。