カード現金化の利用者増加中

2010年頃までは消費者金融を利用している人が多く、TVや新聞の広告をよく見ました。

​個人の債務が増え社会問題にもなっていましたし違法な取り立てや金利のグレーゾーンなども問題になりました。

このグレーゾーン問題がきっかけに利息の返還請求が全国的に広まり、上限金利の引き下げもあり返還に追われた消費者金融は経営が困難になり倒産や買収され数が減りました。

さらに貸金業法の総量規制により個人への融資が年収の1/3までに制限され、​それまでの消費者金融は借り入れできる枠をどんどん大きくして無理な貸し付けをしていた為、総量規制後に借り入れができなく返済に追われる人が増えました。

​このころ消費者金融以外での資金調達としてクレジットカードの現金化が注目を集め初めました。

クレジットカードの現金化自体は何十年も前からあり色々な方法で現金化されていましたが、​こういった経緯がありクレジットカードの現金化を利用する人が増え、買取型の現金化業者も増えました。

クレジットカードを持っていてショッピング枠が余っていれば審査もなく簡単な手続きで利用できるため便利な資金調達として今後も注目されるでしょう。

審査に関連するコメントをご投稿ください。